お受験準備、はじめました。

現在年中の娘の小学校受験に向けた取り組みをブログに綴っています。年少の夏に受験対策の幼児教室に移った頃からブログを書き始めました。同じように受験に向けて頑張っている方や、小学校受験をしようか考え始めたばかりの方と情報共有ができるといいなぁと思っています。個別に返信はできませんが、コメントは非公開にしておりますので、応援メッセージいただけると嬉しいです。

こぐま会『女子校合格フェア』

ゴールデンウィークに、大手幼児教室こぐま会の『女子校合格フェア」に参加しました。

http://www.kogumakai.co.jp/joshiko-fair/index.html#tab-ac

いくつか参加しましたが、どのセミナーもとても参考になりました。(先生の口調からも)年長さんの保護者の方が多いのかもしれませんが、内容としては年中のうちに知っておきたいことも多く、このタイミングで参加できてとても良かったと思います。もちろん、年長の保護者の方がお聞きになられても遅いわけではなく、半年後に迫っているからこそスパートをかけられることも多いと思います。

セミナーの中には、実際に合格された経験者の方々がお話に来られていて、これから受験までの過ごし方について、先生が時系列に質問をされ皆さんがそれぞれお答えになるという、実際にこれから自分たちが行く道をそのままお話いただけたものもありました。皆さま、超難関女子校に合格されており、お話を聞いていてもとても努力されていたことがわかりました。でもそれでいてギスギスしていないと言いましょうか、穏やかな話しぶりでした。皆さま努力されていますが、それはペーパーのお勉強ではなく、生活の根本からどうすべきかを考えられているように感じました。受験に出るからこうするではなく、生活の結果が受験に役立つというものが多かったように思いました。

また、学校別の対策講座にもいくつか参加しました。お話をされる先生によっても多少の違いはありましたが、普段通っている幼児教室では得られないようなお話をたくさん聞けて、本当にためになりました。複数の学校について聞いたのも、違いがわかってよかったのかもしれません。例えば志願者数に対する倍率、そして補欠(繰り上げ合格候補者)が何名いて、そのうち何番までが繰り上がり、実質倍率は何倍まで下がったのかなどもお話されていました。また、こぐま会からは何名受験して何名合格したのかも公表されています。こぐま会は聖心に本当に強いですね。情報量も半端なく、このような外部生も参加できるセミナーでもこのように公開されているくらいなので、会員の方向けにはさらに詳しい情報があるのでしょう。聖心志望なら是非こぐま会に!と思いました。過去問についての解説にも時間を割かれており、学校によって特徴的な問題や、過去問の傾向から今年はこのような分野から出題されるだろう、などという予想まで出されており、さすが女子校に強いこぐま会だと思いました。

また、『年中から始める小学校受験対策のセミナー』もとても参考になりました。ここに夫も一緒に参加できたことも大きかったです(このセミナーは夫婦揃っての参加が可能でした)。普段、幼児教室の送迎には行っていて講評は聞いており、その日の復習だけは夫がやっていましたが、それ以外の家庭学習や受験に関することなどは私がやっており、夫は受け身の状態でした。それが一変したとは言いませんが、夫の小学校受験に対する姿勢が前とは変わったように思います。昨日朝の家庭学習のことも書きましたが、以前なら私がお願いしても自分はわからないと言ってやりたがらなかったのですが、今回はすんなり、むしろやる気になっていたようにも思いました。これが続いてくれると嬉しいです。

ちなみに娘はその間にワークショップと模擬試験を受けましたが、その2日間が楽しかったようで早速「こぐま会に行きたいな〜」と言っていました。理由を聞いてみると「先生が『またおいでね』って言ってたから」と言っていました(笑)。子どもって素直ですね。また、お友達も何人かできたようで、早速お名前を呼んでいました。また、ワークショップで会った子が模擬試験の時にもいたので仲良くなったようです。普段は男の子としか一緒にお勉強していないので、お受験ワンピースを着た同い年の女の子たちがたくさんいて嬉しかったのだと思います。今の幼児教室は手厚くて捨てがたいので続けるつもりではいますが、女子校を目指すのであれば、同じ学校を受ける女の子たちと一緒に頑張ることも大切なのかなぁとも思いました。

この時の模擬試験の結果はこれから面談で返していただくので、またそこで見える課題については書きたいと思います。でもその結果が返って来ずとも、実はすでに効果があったのが、娘の家庭学習への意欲です。娘がおうちでのお勉強を再開したいと自ら言い出してくれたということを昨日の記事に書きましたが、思い当たる理由はこの模擬試験です。これはゴールデンウィークの最後から2日目だったのですが、その翌日である連休最終日に突然「またお勉強しようね。ゴールデンウィークだからお休みしていただけだからね。明日から保育園も始まるからお勉強もまた始まるよ」と言い出したのです。私はこぐま会で言われてきたのかな?と思ったくらいです。やはり女の子たちと一緒にお勉強して、いい刺激になったのではないかと思います。

大手ってやはり情報が違いますね。この数日だけで数万円(ほとんど親の講座)お支払いしましたが、その価値は充分にあったと思います。本当に勉強になりました。個人の先生にお通いの方などは、是非このような使い方をされることをオススメいたします。