お受験準備、はじめました。

現在年中の娘の小学校受験に向けた取り組みをブログに綴っています。年少の夏に受験対策の幼児教室に移った頃からブログを書き始めました。同じように受験に向けて頑張っている方や、小学校受験をしようか考え始めたばかりの方と情報共有ができるといいなぁと思っています。個別に返信はできませんが、コメントは非公開にしておりますので、応援メッセージいただけると嬉しいです。

突然の休校への対応

これは私立の小学校に限らずですが、突然学校が休校になった場合についてのお話です。

保育園は基本的に急にお休みになるようなことはなく、働く親にとっては本当にありがたい存在です。娘の通う保育園も、台風などの悪天候でも先生方が頑張って出勤してくださり、ありがたいことに今まで一度も預けられなくなっとことはありません。上のお子さんがいらっしゃるお母様方から聞くのは、小学校が学級閉鎖になった場合に困るということ。インフルエンザなどによる学級閉鎖。『明日から学級閉鎖です』といきなり連絡が来るのだとか。その場合、どうしたら良いのでしょうか。

今回そのことを考えたのは、今週初めの大雨。あの日の予報は、ちょうど1年生などの低学年のお子さんたちが授業を終えて帰宅するくらいの時間に雨風が最も酷くなるという予報でした。それを懸念されて、都心部にある某女子校では休校になったそうです。前日の夜に、明日の朝に決定の連絡すると連絡があり、そして翌朝5時半頃に『休校』の決定の連絡がきたそうです。でも、近くの他の女子校では休校にはならなかったそうなので、学校の判断によるんでしょうね。大雨と風で子どもが帰るのが大変になるのは困ります。私はこちらの学校が休校にされたのは素晴らしいご判断だと思いました。ただ、、、休校になると、それなりの手配が必要になりますよね。しかも急に。例のお母様のお宅は、すぐにご実家に電話しておばあちゃまに来ていただいたそうですが、それが無理と言われたらどうしようかと思った、とおっしゃっていました。

我が家の場合は?と考えてみました。自分の親には頼りすぎないようにしたいとは思いながらも、1年生の娘を一人で長時間お留守番をするのは考えられないですし、やはり自分の母親が頼りですね。いざという時の第一選択です。でも母にも予定が色々あるので、そうすると、次なる一手も考えておかなくてはなりません。今、義姉の顔などがチラチラ浮かんでおり、いざとなればお願いしようかなぁとは考えています。そんな事態にならない方が良いのですが、いざというときに考え始めたのでは遅いので、少し頭の中で考えておくだけでもいいのではないかと思います。できれば人にはご面倒をかけなくはないですけどね。でもいざという時は甘えようと思います。また、未だシッターさん未経験の我が家としては、いつか来たる日のために朝電話すれば来ていただけるようなシッター会社に登録しておいた方がいいのかなぁと思いました。